全くの初心者がweb制作のスキルをつけるまでどれくらいの期間が必要か

未分類
lakexyde / Pixabay

そんなこと分からないし知らない(笑)

私はまだフリーじゃない

でも40代になる前に時間に縛られずに自由に生きていきたい

ならば自分で稼げる力を身につけなければ

自分でも単純だと思う

私が高校3年、大学受験を控えたころは大学行かない選択肢なんてなく

当時ダンスに夢中だったため、ダンスの専門学校に行くとわめいていたわりには

あっさりと周りと同じ大学進学を決めた私です

大学卒業後は就職するのもごくごく普通だったし、何の疑問も抱かなかった

採用試験を受けたのは2社のみで、そのうち採用された方に入社

就職することに何の疑問もなかった

ただスーツを着ることやオフィスメイクだのオフィスカジュアルには

嫌悪感しか感じなかった

就職活動と言っても2社だけなので、1次、2次、3次と数日置きに活動する程度。

毎日スーツを着て、毎日同じ時間の電車に乗って出社することに入社1か月で

早くも苦しくなっていた

毎日辞めたい辞めたいとしか考えていなかったし、着たくもない服を着て

普段の化粧とは違うメイクをして家を出ることがこんなに精神的苦痛なのかと思った

入社後6ヶ月で退職

これからどうしようという不安なんかなく、真っ先にタイに飛んだのを覚えてる

日本に戻ってきてから代理店でのバイトを始めた

正社員とか全く興味がなかった

ネット販売のみの会社でお客さんがくるような対面販売の会社ではなかったので

服装自由という理由だけで応募をした

時間も結構自由だったし、ネットで販売する商品タイトルを

バイトの私が勝手に決めてもいいよという緩々な会社だったが時給はすこぶるよかった

いつまでバイトでいるの??と母親から言われ別の代理店の契約社員に。

ここでも服装自由が応募の決め手

翌年また転職をするわけですが、今度は正社員

正社員にこだわっていたというよりは給料がよかったから

ここでももちろん服装自由が応募の決め手

今まで働いてきて貯めたお金は使うか貯金するかの二択で

資産運用とか巨万の富を得た富豪達がすることで庶民には別世界のことだと思っていた

あとは豪ドルの個人年金とかやってるくらい

無知は怖い

無知だからお金は貯金するものだと洗脳されるのかも

日本人が貯蓄大好きなのは、日本人が農耕型の民族だからとか、

戦後の敗戦処理に政府が貯金を推し進めたとか、

バブル崩壊を味わった世代の人は貯金の大切さを痛感したとか

投資をしてる日本人って私が学生の頃はあまりいなかった

いたのかもしれないけど、今ほどネットが普及していない中で

ただ単に知らなかっただけなのかもしれない

投資って海外の人がしてるイメージだった

大学を卒業する頃には終身雇用なんて終わり始めていた

でも私はまだ呑気に20代普通に働いて毎月お給料もらって、ボーナスもらって

それ以外のたまにある副収入とかで遊び惚けた

30代に入ってから貯蓄しだして100万って結構頑張れば手の届く数字だと実感した。

次は200万、500万ってなってくけど足りない全然足りない(笑)

ということでマイペースにweb制作の勉強をしてみようと

TechAcademyの無料体験に申し込んでみた

体験のテキストを読んで今課題に挑戦中です

そして無知の私でもwebデザイナーになれたよってことをタイ人に伝えたい

自分の経験が誰かの役に立てばこんな嬉しいことはない

だから自分のタイ語のレベルをもっともっと向上しないとだし

今タイにまた住まわせてもらっている身として、

社会的にまだまだ弱い立場の女性の力になりたい

40歳になる前に時間に縛られないで稼げるようになってもっといろんなことやりたい

だから残りの30代頑張らなきゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました