バンコクにあるバムルンラード病院やスクンビット病院の料金

タイ生活

病院の建物のイラスト(背景素材)

日本は国民皆保険。
そんな日本を出て海外に住むことになると心配なのが病気になった時の病院でかかる料金。

タイで病気になった時に日本人がお世話になるのはバンコクでは
バムルンラード病院
サミティベート病院
バンコク病院
BNH病院

あたりではないでしょうか。
筆者はバムルンラード病院をかかりつけの病院にしております。
学生時代、タイに留学中にバムルンラード病院に入院した時の対応がよかったからという理由。
担当の先生も学生の私にも分かりやすく説明してくれたり、看護師さん達が本当に優しかったから。

もう10年以上も前のことですが、豪華な施設が与える安心感がすごく、あぁ多分大丈夫だわ、治るわと
思わせてくれます。単純な理由ですがタイの公立の病院と比べたら私立病院の設備や清潔さは雲泥の差です。当時は留学用の保険に入っていたので料金は全額保険会社が負担してくれました。

タイへ旅行に来る際も安心料と思い、海外旅行保険に入っておりました。
旅行保険が自動付帯でついてくるクレジットカードを持つようになってからはそれが私の安心材料でした。
ただ旅行中にこの保険にお世話になることはほぼありませんでした。

今回またバンコクに住むことになり給与から天引きの750バーツの社会保険(日本人が利用する上記病院は指定病院にできません)だけでは不安だったので、会社が法人契約してる保険にも加入してもらいました。
※タイの社会保険は社会保険利用可能な病院リストから自宅や会社近くの病院を1つ指定します。その指定病院であれば通院や入院も基本的には無料で診察してくれます。その他の病院では100%自己負担。バンコクの私立病院では英語が通じる社会保険使用可能な病院もありますが、公立病院の場合英語も通じない病院も少くなく、衛生面や設備面でも日本人が満足のいく医療を受けるのはかなり厳しいです。どの程度のレベルを求めるかは個人差はもちろんあります。気にならない方もいれば気になる方もいるのが当然です。

知り合いのタイ人が社会保険指定の病院に入院し、お見舞いに行った際に3人部屋だったのですが共同の洗面所に日本では見たことのない寄〇虫のようなものが床に発生していたのを見てしまってから、公立病院には行けそうにもありません。外観や公共トイレ、診察室などは普通なので外来で受診する程度なら問題ないと思います。1人部屋を見たわけでもないのですし、たまたまその部屋がと思いたいのですが、映像のインパクトがすごすぎたので全ての公立病院がそうではないと思うのですが公立病院は極力避けております。
以下はタイの社会保険のHPです。基本タイ語と英語ですが、英語表記にならないページが多数存在するのでタイ語が読めないとハードルはかなり高くなります。
https://www.sso.go.th/wpr/main

会社の社会保険の指定病院はラマ4世通りにある【クルアイナムタイ病院】。
こちらは外国の患者さんも結構いるので英語は問題なく通じます。ウクライナ人の友人は特に衛生面で気になったことはなかったようなのですが、とにかく待つからもう行きたくないと言っておりました。
こちらは系列のクリニックでも保険適応可。
日本人も多く住むオンヌットのスクンビット77のBigC向かいのクリニックも
【クルアイナムタイ】を指定病院にされてる方はここも使えます。
2018年8月時点。

社会保険のカードはこんな感じです。

会社が社会保険とは別で用意してくれた民間保険会社の補償内容は通院(=OPDと呼ばれるもの)1回につき4,000THBまではキャッシュレスで超過分が自己負担というもの。
歯科治療はキャッシュレスではないものの
年間限度額の20,000THBの範囲内で利用できます。
社会保険でも歯科は年間900THBまで補償してます。定期健診程度の歯のクリーニングであれば
地域差はあるものの街中の綺麗なクリニックでも実費で500~800THB程度で料金も技術も日本と大差ありません。

先日風邪かな??と思い手持ちの葛根湯を飲んだのですが時すでに遅し。
元々気管支が強いほうではないのですぐ喉をやられるのですが、
1日熱が出たらすぐ直るのであまり気にしないでいたら、
今回は咳だけがずっと居座ってしまい、なかなか空咳がおさまらない。薬では抑えたくないので解熱剤や咳止めは飲まないようにしてるのですが、中々しんどかったので病院へ行くことに。

咳って今出ないでほしいって時に限ってお待たせ的な感じで颯爽と登場してくるので困りますホント。
筆者は咳を我慢すると40代50代のおじさんみたいなうめき声が絶対出ます。
うぅぅぅぅほっっって言うマウンテンゴリラみたいな感じで声を抑えることもできず、
電車でその悲劇に見舞われたときは本当に辛い。

周りも変な目で見てくるし。
変な目で見られてもいいんです。
ただただ息苦しくてつらい。
しかも一旦咳が出始めたら2分くらいはもう止まらない。
夜も寝ようとしたら咳込み始めて寝れないわ、胸周りが痛くなるわ。
寝ながら咳をする人のイラスト(女性)

ここで難問です。
会社の保険で外来の補償額が1通院につき4,000バーツの限度額。
バムルンラード病院にお世話になったのは全てクレジットの自動付帯で全額キャッシュレスだったので
行くまでにいくらかなと心配したことはなく料金がいくらだったかなんて記憶にない。

手元に残っていた領収書がクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用した時のものですが参考になれば。

バムルンラードの領収書を見たら医療費は8721バーツ!!!!

これは食あたりではなくタイ料理の油に胃が耐えられず胃痛で病院に行った時のです。高い。実に高い。
その後内視鏡の検査までしていただき異常なしの判定が出たときのバムルンラード病院でかかった料金はこちらです。1枚目に詳細があるのですが2枚目の合計金額のところだけ。
26,615THB。これが自己負担だったらと思うとゾッとします。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の利用は日本出国から90日。
その期限はとっくに過ぎている。
これを延長する裏技もネット内ではいろいろあるけれど、あまり惹かれずノートライ。
クレジットカード何枚もいらないので昔から2種類のみ。いずれも利用期間は日本出国から90日までなので利用不可。

料金の想像がつかず今回は会社の保険カードを持ってBTSエカマイ駅近くのスクンビット病院へ。
スクンビット通り沿いなので病院前を通過したことがある在住者は多いかと。
行く前に加入してる保険会社のカードが使えるかは確認済み。
民間の保険会社の保険であれば基本的にタイ国内で利用できる病院に制限はないですが、プラン内容によってはクリニックは対象外とかもあるみたいなので加入前に確認をオススメします。
またどこの病院もHPの保険ページに契約の保険会社名の一覧があるので
不安な方は行く前に一度確認するのをオススメします。
日本人が行く病院は民間の保険会社のキャッシャレスであれば基本どこでもカバーしてます。
大事なのは通院時にいくら保証してくれるのか。実費全額補償は心配ご無用。
現地採用の場合、このOPD(=通院費)が3,000から5,000THBで設定されてることが多いです。
筆者はタイ就職1社目は4,000THB、2社目の現在は実費全額負担してくれるので病院に行く際料金の心配しなくていいので有難いです。
風邪などの軽い症状以外の病気で弱ってるときに英語やタイ語で意思疎通をしなきゃいけないのは結構辛いです。

脱線しすぎましたが、エカマイのスクンビット病院の感想です。
10点満点中7.5点。

f:id:iloveriverside:20180829191511j:plain

土曜の夕方に行ったので空いてるというより閑散。
患者は筆者以外に1組だけ。

f:id:iloveriverside:20180829191637j:plain

待ち時間なんてなかったです。
最初の受付だけパスポートだの保険証だのの一連の流れがあるので10分くらいかかります。
手続きが終わればファストパスにも劣らないレベルの早さで事は進みます。
ただ午前中や日中はもう少し時間がかかるそうです。
バムルンラード病院やサミティベート病院」と大きく違うのは日本語の窓口や通訳さんがいない点。

タイ語が問題ない方はもちろん、医師や看護師さんはみんな英語話せます。
私は英語は日常会話レベルに毛が生えた感じでタイ語は日常会話レベルです。
そんな私でも問題なく意思疎通はできました。

ただ医師の言ってること100%理解できてない。
症状の説明や感染してるウィルスの説明が専門用語で???な瞬間もありましたが、
そんな時はGoogle先生を呼べば大丈夫。便利な世の中です。
症状は咳だけなので医師とは勉強のためにタイ語で会話しました。
タイ語に意識回るんだからこの症状大したことないなと。
ちょっと一大事の時に聞く単語って結構忘れないってのが自論です。忘れたとしてもすぐ思い出す。

診察が終わり、会計カウンターから薬の処方までも瞬殺で終了。そして気になるお会計。

f:id:iloveriverside:20180829193408j:plain

お気づきですか???
バムルンラード病院に行った時の基本診察費とほぼ変わらないです。
こちらは薬代も含まれています。
薬はもっと安いだろうし、バムルンラード病院の8,721THBには
血液検査などの高額アイテムが含まれているので単純な比較にはなりませんが。

滞在時間30分くらいで終わったので、今後も軽い症状の病気はこちらにお世話になろうと思いました。
ただ慣れない症状や心配になるレベルの症状であれば迷わずバムルンラード病院へ行きます。
自分の身体の健康のことを料金が高いとか、言葉の壁とかで適当にしたくありません。
不安な時は通訳のいる病院へ行きましょう。

まだまだ日に何回か空咳が出て止まらなくなりますが、だいぶ楽になってきました。
少し様子を見てみて薬が飲み終わってもまだ空咳続くようならまた行ってみようと思います。
病院にお世話にならないのが一番ですが、
環境が変わって最初の1年は、普段病気にならない人でも体調壊しやすいようで
この1年とりあえず様子がおかしかったら我慢せず病院に行ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました