タイのおすすめフルーツ

タイ生活

タイはフルーツ天国
タイに来たら是非食べて欲しいフルーツを紹介します

ノイナー(น้อยหน่า)

カスタードアップルという別名があるようにとっても甘いです。
ちょっと柔らかくなってきたら食べ頃。
手で簡単に裂けるます。街中でよく売っています。屋台やスーパーではあまり見かけないです。

サラ(สละ)

この見た目結構イカついので躊躇いがちですが、そこは未知の世界。新しい扉を開いてみましょう。
ただしこのイカつい皮が剥かれた状態で売られてることが多いです。この皮見た目通り結構固いので、皮が剥かれた状態の上の袋に入ってるような状態のものを買うのがおすすめです。そのまま食べられます。
匂いは結構匂います。ちょっと臭いです(笑)でも食べてあの美味しさを知ったら匂いなんて気になりません。是非試してほしいです。

マンゴスチン(มังคุด)

おなじみ果物の女王様マンゴスチン。日本じゃ高価なマンゴスチンもこちらでは食べ放題です。
スーパーのものより露店で売ってるもののほうがお勧めです。トラックで販売してることがよくあります。トラックで販売してるフルーツは基本どれも質が良く安いのでおすすめです。たまに中身が黄色く腐ってるのは食べないほうが無難です。

ドラゴンフルーツ(แก้วมังกร)

味はほとんどないのですが、シャキシャキとしていてさっぱりとした味です。タイ人女性これ大好きです。会社で誰かしら食べてます。身体にいいよとすごく勧められます。低カロリーなのに食物繊維たっぷりなので便秘の人がよく食べてます。更にビタミンも豊富なので女性の味方なフルーツです。果肉が白っぽいものと、濃い赤紫の果肉がありますが味はあまり変わりませんが赤紫のほうがポリフェノール豊富です。

マンゴー(มะม่วง)

日本でも見かける熟した黄色いマンゴーと日本ではほとんど見かけない熟していない緑色のマンゴーがあります。私は断然緑色のマンゴーが好きです。これに砂糖と唐辛子を混ぜたナムヂムをつけて食べるのですが、慣れるとハマります。緑色のマンゴーは日本人の中で好き嫌いが分かれる印象。男性は嫌い女性は好きという方が筆者の周りには多いです。タイ人は老若男女みんな大好き。日本じゃ滅多に食べられないのでどんどん食べちゃいましょう。
更に黄色の甘いマンゴーと緑の酸っぱいマンゴーが半分くらいのがあるのですが、これがまた美味い。セブンにあるのはケミカルな味なので是非フルーツ屋さんで新鮮なものを。
更にカオニャオマムアンというマンゴーともち米にココナッツミルクとかけて食べるデザートがあるのですが、もち米とココナッツミルク?????という疑問が浮かんだとしても、それは無視して何も考えずに食べてください。きっと新たな発見があるはず。

パパイヤ(มะละกอ)

みんな大好きソムタムの材料です。ソムタムには青いパパイヤを使います。熟してないマンゴーと少し見た目にてますがパパイヤは中の中心にメロンのような種の塊があります。更にマンゴーより縦長なお顔です。フルーツとして食べるのは、熟したオレンジの方。こちらは屋台やスーパーなどあちこちで見かけます。食べ過ぎるとちょっとお腹が緩くなることがあります。

ココナッツ(มะพร้าว)

これぞTHE南国ってフルーツ。ココナッツにストローを刺して飲んでる観光客の方多数。あれ西洋人の人が多いイメージで、日本人がココナッツ丸ごと持って飲んでるのあまり見かけないのは何でなのでしょう。筆者が気づいてないだけかもですがが。ココナッツは飲み終えたら、皮の内側についてる白い皮も食べちゃいましょう。ちょっと暑いな、だるいなって時に筆者は飲みます。
ココナッツウォーターの効果効能は賛否両論ありますが、もはやどれを信じて何を食べるかはあなた次第ってくらいココナッツに関してはいろんな記事があって面白い。
筆者の周りのタイ人も暑いときに飲んでる人多数。ただし新鮮なココナッツを買いましょう。
コンビニで売ってるペットボトルやパックに入ったココナッツウォーターは砂糖たっぷりなので避けたほうが無難です。
あとお勧めなのでมะพร้าวปั่น(mappraw-pan)。ปั่น(pan)はミックスする、ぐるぐるさせる、回転させるの意味で要はフローズンです。フルーツの名前の後にこのปั่น(pan)をつけると全てフローズンになります。
コーヒーの種類の名前の後にもつけて使います。中でもココナッツのมะพร้าวปั่น(mappraw-pan)が暑い時に外を歩き回るときにもってこいです。ただしコンデンスミルクは少しにしてもらいましょう。
スイカのแตงโมปั่น(tenmo-pan)もハズレなしです。

ココナッツでもう一つおすすめなのがチリンチリンと鈴を鳴らしてくるアイス屋さん。パンに挟んだり、カップやコーンと自分で選べるのですがこの安っぽい感じが懐かしい。ココナッツアイス美味しいし、タイティー味も美味しいので緑色のアイス屋さん見つけたら是非。

ドリアン(ทุเรียน)

出ました果物の王様。
好きとか嫌い語る前に日本ではお目にかかれないのでとりあえず食べてみましょう(笑)
ホテル持ち込み禁止のくっさーーーーーーーーーーーーーーっい奴。タイ人でも好き嫌いが分かれますが基本みんな大好き。ドリアンシーズンの4月~5月はドリアンを吟味してるタイ人がそこかしこにいます。
ドリアンにはいろんな品種がありますがタイで出回っているのはモントーン、ガンヤオ、チャネーの3種類。モントーンは品種改良により匂いが抑えられてるそうです。おすすめしておきながら何ですが、筆者は最初からドリアンが好きだったわけではなく何度か食べるうちに好きになっていったと言うのが正直なところ。他の果物は初めて食べたときから【美味しい~何これ~】という感じでしたがドリアンだけは違いました。初めて美味しいと感じたのはカオニャオトゥリアン。匂いがあまりししなかったので、恐らくモントーンだったのかと思います。徐々に食べられるようになり好きになっていったという感じなのでもしかしたら最初から美味しいとならないかもですが、せっかくタイに来たのならば是非食してみていただきたいフルーツです。

ラムヤイ(ลำใย)

食べ始めたら止まらなくなるフルーツ。でも食べ過ぎは身体が熱くなるようなので、ほどほどに。
ほどほどってどれくらいだよ?っていつも迷うのですが、よくスーパーとかで1人用と思われる量のものが売られてるので、それを参考に大体1パック程度でストップしてます。英語でLongan、日本語では竜眼と呼ばれてます。茶色い硬めの皮に覆われていて、割ると半透明の果肉で種があります。この種が結構大きくて食べられる果肉部分があまりないのでもっともっとと止まらなくなります(笑)甘くてとってもジューシー。次に紹介するロンコンと姿がちょっと似ています。

ロンコン(ลองกอง)

ラムヤイと似ていて最初はどっち?となりますが慣れてきてよ~く見ると違いがあります。ロンコンはブドウのように枝に連なってる房状ですが、ラムヤイは細い枝に果肉がバラバラに連なってます。ラムヤイの日本語名が竜眼、ロンガンなので名前も混合しやすい。ロンコン見た目が小さなじゃがいもみたいな感じで、皮の内側に何かねっとりした成分があるので、手がべたべたしてきます。でも食べるとみずみずしいぷるっとした食感。

ランブータン(เงาะ)

頭皮をマイクロスコープで見てるような外観なのでサラ同様こちらも最初躊躇いがちですが、中は半透明の果肉でライチを少しさっぱりさせたようなお味。しかも安い剥きやすいどこでも買えると筆者の中で庶民の味方的な位置にいるフルーツ。

日本ではあまりお目に掛かれないフルーツを紹介しました。スイカもパイナップルも美味しいです。
でもせっかくなら日本で食べる機会のあまりないフルーツを是非食べてほしいです。
バナナは日本にはない品種がたくさんあるのでこちらも是非試していただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました