タイ人の性格

タイで暮らす

タイ人は微笑まない

タイを表す言葉に【微笑みのタイ】というのがある。
決して間違ってない。
タイ航空の広告でよく見る女性が優しく微笑んでワイをしてるアレ。
でもタイである程度暮らしている人は思ってると思うんです。
『タイ人って本当微笑まないな』と。
レストランとかのスタッフは無表情な人も少なくなく、注文のために呼べば面倒臭そうにダラダラとやってきて、オーダー聞いてる?って不安になるくらいTHE上の空顔。そしてメニューを引きずりながら持ち場に戻るあの後ろ姿。

たまに一時帰国すると日本ってすごいなって毎回思ってしまう。
アレはアレでやりすぎな部分もあると思うけど。
マックのスマイル0円なんてタイでは多分無理なお話。
タイでも自営業の人達はお店で働いてる従業員の皆さんよりは微笑んでくれるし、
海外留学したことある人達や普段からタイ以外の文化や社会のことに触れてる人たちは微笑んでくれます。
日本は意味なく微笑みすぎなのもありますよね。
何も面白くないのに何故笑わなきゃいけないんだって言う。
人って矛盾してますよね。って私がなって話です。

タイは日本以上にまだまだ学歴社会と階級社会です。
私達日本人って【お金】【名誉】【地位】【特権】とかにあまりいいイメージを抱かなくないですか。【お金】が全てではない、【お金】で買えないものがある的なドラマに洗脳されまくってるんだと思います。それがあたかも人間としての品格のような。。。
【名誉】や【地位】とかには興味なくても【お金】はみんな欲しい。
私は【お金】がもっと欲しい。今よりもっと【お金】がなくても生きていける。
でも今よりもっと【お金】があれば不要な不幸をさけることが出来る。
今でこそ【お金】が欲しいと声高らかに叫ぶことは普通だし、
2010年あたりはまだまだ【お金】=【欲の塊】なイメージ。

ホリエモンが逮捕されたのが15年くらい前。
ホリエモンが本当に逮捕される必要があったのでしょうか。
間違った会計処理をしているという認識があったのかとか、そもそも悪意があったのか。私は経理ではないの粉飾決済の細かい部分は分からないけれど、
その後の東芝では代表は逮捕されていない。
勝手なイメージだけど若くして全てを手に入れたホリエモンを逮捕することで
何かの見せしめだったのかなと今なら思えます。

日本人の【お金】に対するイメージってこういうホリエモンのような事件も知らないうちに影響されてるのかも。

タイではお金がすべて

タイではお金ですべてが解決します。
地位も名誉もお金で買えます。
お役所関係もお金で解決します。
警察もお金で解決してしまいます。
バンコクで免許を取る場合に住所がトンローだと強いみたいです。
日本の東京だと品川ナンバーはバカにされないとかのレベルじゃないです。
検問なんてそう滅多にないけど万が一免許を警察官に提示する機会があれば
住所がトンロー表記だと強いらしいです。
日本人の段階で免許提示しろって言われる場面は事故でも起こさない限りないです。

人は皆平等と教えてこられた私達日本人にとって、

  • お金ですべてが買える
  • お金持ちには逆らえない

    と思っているタイ人に違和感を覚える時があります。
    日本ってインドのようなカースト制度はないし、アメリカのような人種差別もない。ないというより単一民族だから普段の生活の中で民族の違いを意識する機会はそうそうない。学生時代にその種の本を読んでいてもどこか遠い国の出来事のように感じていたけど、海外に行くようになって日本が世界から見た時に特質する部分が多いんだと感じるようになりました。どっちが正解とか不正解とかではなくて。

プライドが青天井

謝らない
非を認めない

こないだのミーティングで上司から指名で頼まれていた仕事の進捗を確認したら
(タイ人Aさん)何ですかそれ??
(私)(心の声)おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。キターーーー。
——-タイでは穏便に事を進めるのが吉———
(タイ人Aさん)この資料初めて見ました。
(私)(心の声)ナチュラルすぎて女優に転身でもしたらいいんじゃないか
(私)○○〇についての資料だと思うよ。Aさんが〇〇さんから頼まれてた件じゃない?
(タイ人Aさん)あ~。私もそうなんじゃないかと思ってました。
(私)資料は完成してる??
(タイ人Aさん)えっ?私がやるんですか??
(私)(心の声)数秒前にもやんわり言ったじゃん。
(タイ人Aさん)今から作りますね。特別ですよ。
(私)ありがと~助かる~。

日本でなら例え忘れていたとしても
【えっ?そうでしたっけ??すみません。忘れてました】みたいなやり取りになるかもだけど、タイでは自分の非を認めません。
軽い内容なら日常的に【すみません】はタイ人も言ってるけど、
仕事の事となると基本謝りません。
皆さんプライドが高い高い。

これはあまり学歴がない方のほうに顕著な傾向だと思います。
学歴のあるタイ人はつまらない意地は張りません。そんな印象。
もちろん学歴が全てではありません。
あくまでも仕事で自分に非があった場合でも謝るか謝らないかなだけのお話。

ここまでダラダラとあたかも私はタイ人が嫌いかのような書き方をしてきましたが
私はタイ人が大好きです。大大大大好きです。
タイ人に今までどれだけ助けてもらった事か。
ある時は一緒に爆笑したり、泣いてみたり、大変な時も一緒に乗り越えたり。
そんな私がタイにまた戻ってきて働き始めて思った事はやっぱりタイ人最高だなと。

タイ人で社会保険以外に民間保険に加入してる人ももちろんいるけど、
タイの人口から見たら民間保険に加入してる人はまだまだ少ないんじゃないかと。
日本じゃ考えられないくらいのお金持ちがいるのもタイですが、
その逆も然り。民間保険どころか社会保険すら入れてない人もいます。
公務員や会社員以外の人を対象とした30バーツ保険。そもそもまだあるのでしょうか?日本のように誰もが健康保険に加入してる国は世界中でも珍しいのです。

交通事故を目撃したら怪我人を病院に連れていくのが当たり前の日本ですが、
タイでは交通事故で怪我をされた方がいた場合(重篤な場合も含む)その方の支払い能力や民間保険や社会保険に加入してるかの確認が先です。
社会保険に加入していれば1か所ですが指定の病院で受けた治療や入院は全て無料です。ただ治療や病院の質の問題もあるので完ぺきとは到底いいがたいこの制度。
保険に加入有無に限らず支払い能力があればいいのですが、
保険に加入していない人が支払い能力がある場合はごく稀です。

タイのでは交通事故で亡くなる方が世界第2位。
10万人に対して交通事故で亡くなる方が36.2人。日本では4.7人。約9倍。
以前勤めていた会社の同僚は家族を交通事故で亡くしました。
会社の警備員のおじさんも息子さんを交通事故で亡くされています。
家族を交通事故で亡くされた方は想像以上に多いです。
同僚から聞いた話は病院に搬送してもらい一命を取り留めたとしても
医療費は払えなかっただろうから、寂しいけど仕方ないと。
病気で亡くなった方もいます。 医療費が払えず亡くなる方もいます。
社会保障などの恩恵を受けられないのが原因で亡くなる方がこの国にはまだまだ大勢います。日本では難病で亡くなることはあっても、医療費が払えず亡くなる方はほとんどいないと思います。

先程の同僚の【仕方ない】という言葉からも分かるように
彼等は人を救えない辛さや苦しみを私達日本人より知っています。
世の中や政治に思いや考えを発信し現状を変えていくことが出来ると思えるような国で育ってきた私達日本人。
政治に何を言っても変わらないという諦めの部分が彼らをよりサバーイな性格に
してしまうのかもと最近思うようになりました。

タイトルとURLをコピーしました