V Residence Bangkok 宿泊記【バンコクホテル】

おすすめ

最近バンコクのホテルに宿泊する機会が多く、実際に泊まったホテルの感想です。
どなたかの参考になれば嬉しいです。

ホテル外観・フロント・エントランス

スクンビット通り沿いに位置し、プロンポン駅からも徒歩3分。
旅行者にも出張者にも便利な立地で年間通して大体1泊3,000B。

入り口が狭いので少し分かりにくいかもですが、プロンポン駅からスクンビット26の横断歩道を渡ったすぐのところです。ホテルイメージカラーのオレンジとグレーの看板が目印。

フロントはこじんまりとしていて小さなソファーが申し訳程度あるレベルなのでロビーでくつろぐことは出来ません。待ち合わせするならプロンポン駅直結のエンポリアムやエムクォーティエのほうが時間潰せます。ただし駐車場は結構スペースがあるので車でピックアップするには便利。

お部屋

お部屋はスタンダードなデラックスルームでも47㎡あるので1人やカップルの方は十分な広さです。私はデラックスルームしか泊ったことがないので他の部屋は実際見たことはないですがツインが希望の場合はデラックスかグランドテラスの2ベッドルームを。全室キッチンや乾燥機付き洗濯機が備え付けられてるので長期滞在の方にもオススメです。

オーブントースターは食パンを縦に入れるポップアップ式でTHE非日常でテンション上がります。朝食もGYMも利用したことはないですが、GYMは24時間利用可能。
朝食は朝5時から10時半。

バスルームはバスタブ付き。アメニティも【THANN】で文句なしです。但しソープバーとボディーソープ、シャンプー、ボディークリームのみ。コンディショナ―はありませんので必要な方は要調達。シャワーのお湯の温度調節出来て温度にうるさい日本人対策もばっちりです。圧も問題なしです。レインシャワーとハンドシャワーに2タイプ。

テレビは世界各国のチャンネルが視聴可能。NHKと民放各局が見れます。Wi-Fiのスピードもストレスなく使えました。館内は全館禁煙です。ベランダでは喫煙可。

スタッフ

スタッフの方はフロントの方もハウスキーピングの方も皆さんとても感じがいいです。日本語が出来るかは分かりませんが、英語は問題ないです。ドアマンの男性スタッフを除いて館内で男性スタッフを見かけたことがありません。深夜に到着した時もフロントの方は女性でした。
お姉ちゃんを連れ込むのは禁止ではないだろうけど、フロントが本当にこじんまりしているので多分若干恥ずかしいかも。知らんけど。

ホテル周辺

Vresidenceがあるのはプロンポンエリアと呼ばれる日本人が多く住むエリア。BTSスクンビット線プロンポン駅から徒歩3分。he Mall Groupのエンポリアムとエムクオーティエという高級デパートが駅直結です。在住者にも旅行者にも人気のgourmet marketはどちらにも入ってます。
スクンビット24入り口にはNARAYA、アジアハーブアソシエーションのプロンポン店やクリニック。奇数側には33/1に日本人御用達のフジスーパー1号店など。

アクセス

プロンポン駅からの場合迷うのが難しいくらい簡単です。
でもたまに地図を見てるのに通り過ぎちゃう私のような人がいるかもなので詳しく説明。

タクシーで来る場合はスクンビット26と28の間の【Vresidence】と伝えればOK

プロンポン駅からだとエンポリアムがある偶数側、地図上では南側。
2番か4番出口から出ると角にNARAYAとLek Massageがあるスクンビット24の入り口に出ます。
↓↓↓↓↓
Lek Massageを右手に見ながらスクンビット通りを東へ(トンロー側)直進。
↓↓↓↓ ↓
一瞬ニセの小道が現れますが行き止まりが見えるので惑わされないで直進。
↓↓↓↓ ↓
スクンビット26という青い通り名の標識が見えたら、小さな横断歩道を渡る。
↓↓↓↓ ↓
横断歩道を渡った角に日本人経営の歯医者。
↓↓↓↓ ↓
その3軒隣がVresidence。

プロンポン、トンロー界隈で動きたい方には非常に便利な立地のホテルです。

 

タイトルとURLをコピーしました